お金の勉強

FIRE達成のコツを完全解説!不労所得を得る方法とは?

FIREって何?

AKIRA

「FIRE」って言葉を最近よく耳にするけど、FIREって何?

コンパス

「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとってFIREっていい、経済的自立と早期リタイアを目指すことを言うよ!

「FIRE」するためには、若いうちに働いて資産を増やし資産からの運用益で生活できるように、節約と貯蓄を続ける事が必要なんだ!

FIREはアメリカ発祥の考え方で、最近では日本でも目標にする人が増加しているよ!

具体的には、「支出を減らす→投資を増やす→不労所得を得る」という手順でFIREを目指します。

FIREが達成できる条件

年間支出の25倍の資産が必要

AKRA

FIREするためには、いくら資産を貯めればいいのかな?

コンパス

FIREを実現するためには、基準として「年間支出の25倍の資産」が必要と言われているよ!

例えば、月額の支出が20万円必要の場合には、6000万円の資産が必要って事だよ!

AKIRA

6000万円?

毎月どれくらいづつ貯めれば良いのかな?

コンパス

6000万円貯めるには、どれくらい時間がかかるか見てみよう!

②FIREの条件をシュミレーションしてみよう

資産運用シュミレーション

毎月の積立金額 5万円 想定利回り 年7% 積立期間30年

毎月5万円の積立は可能なのか?

AKIRA

給料の中から5万円を積み立てるのって難しそう!

コンパス

そうだね!

給料から全て5万円を賄うのは厳しいかもしれないね!

でも、ブログやyoutubeなどを使って副業の収入を2万円〜3万円を得ることは、そんなに難しいことではないよ!

あと大事なのは、お金をしっかり管理して節約することも必要だね!

転職サイトdodaの調査によると、副業を行なっている人の内、2万円以上を稼いでいる人は、75%以上(4人に3人以上)いるとの結果が出ています。

副業収入でもっとも割合が大きいのは10万円以上の34.4%でした。

2番目に1万円台の18.6%、3番目が5万円台の13.3%でした。

また、副業の内容は以下の通りになっています。

副業の内容でもっとも多いのは(株/FX)で21.1%でした。

続いて2位がサービス業(接客・販売)の17.9%です。こちらは、会社員の仕事とは別にアルバイトをするといった感じでしょうか!

そして、3位にはネットビジネス(アフィリエイト、通販、ネットショップ運営)などの活動が収入になっていることも分かります。

これからは、個人が情報を発信して行く時代であり、今後このような副業が増えていくことが考えられます。

上記の結果を見ると、副業をして給料プラスαのお金を稼ぐことは、そんなには難しくないようです。

また、収入を増やすだけでなく、資金管理をしっかりして支出の方の見直しを行えば、月5万円の積立投資は、可能と言うことができると思います。

https://jibun-nenkin.net/asset-management/

運用利回り7%は可能なのか?(日経平均 vs NYダウ)

日経平均の30年間の平均利回り

日経平均に、5年間、10年間、20年間、30年間投資をしていたとすると、どれくらいの利回りが出ていたかを見てみます。

積立年数年平均利回り
5年間13.49%アベノミクスの勢いもあり、かなりいい運用成績
10年間1.57%リーマンショックもあり、この期間の運用成績は芳しくありません
20年間0.786%20年前から投資をしていた場合の投資リターンは年1%を割っています
30年間0.1838%30年ずっと投資しても年平均0.1838%しかリターンを得られませんでした。

NYダウの30年間平均利回り

NYダウに、5年間、10年間、20年間、30年間投資をしていたとすると、どれくらいの利回りが出ていたかを見てみます。

積立年数年平均利回り
5年間11.52%年平均10%を超える優秀な運用成績を出しています
10年間6.98%リーマンショックの影響を受けましたが、約7%を維持しています
20年間7.94%ITバブルがあり、大きく下げ増田が、回復しています。
30年間9.89%年間10%近い成績を残せることができています

米国市場全体に、投資をしていれば利回り7%という数字は、不可能な数字ではありません。

米国株の始め方をプロが完全解説!じぶん年金を作る方法 米国株編米国株の始め方をプロが完全解説!じぶん年金を作る方法 米国株編 米国株や米国ETFを使った資産運用を紹介します。...

FIREの4%ルールとは?

FIREの考えの一つに「4%ルール」というものがあります。

これは、「生活費を資産額の4%以内に抑えることで資産が目減りせずに暮らせる」ということです。

年間支出の25倍の資産を年利4%で運用することで、不労所得だけで生活できるというものです。

FIREをした後は、この4%ルールを守ることにより資産を減らすことなく生活して行くことができます

サイドFIREってなに?

FIREについては、先ほど説明しましたが、FIREを実現するためには副業や節税をしすることにより5万円以上の積立をし、年利7%以上で投資を30年間続ける必要があります。

そこで、検討したいのが働きながら無理をせず投資で稼ぐ「サイドFIRE」という方法です。

「サイドFIRE」とは、勤労収入+資産運用収入を組み合わせる方法です。

例えば、年間支出が240万円だとすると、資産運用の収入は100万円を目指し、残りの140万円は勤労収入で得るというものです。

この方法あれば、100万円の25倍ですから投資資産は2500万円用意すれば良いということになります。

「サイドFIRE」であれば、実現の可能性はぐっと高まります。

ABOUT ME
コンパス
独立系ファイナンシャルプランナー。 (元会計事務所、生命保険会社に勤務) 40代で総資産5,000万円を突破。 本業とは別で年間1,800万円の収入を得ており、2013年に法人を設立。 副業で得た収入を、iDeCo、積立nisa,投資信託、米国株、暗号資産、ロボアドバイザー等で将来の「じぶん年金」を作っています。 読者様のマネーリテラシーをUPさせ、人生100年時代にお金に困らないアドバイスを日々発信しています。