お金の教養

会社員で副業の収入があった場合は確定申告が必要? プロが完全解説!

会社員で確定申告が必要な人とは?

AKIRA

今年は、ブログで副業収入があったんだけど、確定申告をする必要があるのかな?

コンパス

収入があっても、確定申告が必要かどうかは所得金額で判断しないといけないんだ!

説明の中に、「所得金額」・「収入」と言う言葉が出てくるから、その違いをまずは押さえよう!

・所得金額=「収入」ー「必要経費」

・収入は必要経費を引く前の金額で、売上のことを表している

(事業の場合)収入ー必要経費=所得金額

(会社員の場合)額面給与 ー 給与所得控除=所得金額

※会社員の場合は「必要経費」を個別に計算せずに給与の金額に応じて計算した「給与所得控除」を使用します。

会社員で確定申告が必要なのは、大きく分けて2パターンあります。

そのうち、副業の収入がある方で②に該当する場合は確定申告が必要になってきます。

①1社からの給与の収入金額が2,000万円を超える人

給与を会社から受けていて、かつ、その他の所得給与所得、退職所得を除く。の合計額が20万円を超える人

金額別に確定申告が必要か見てみよう!

副業の所得が20万円以下の人

例① Aさんの今年の副業収入

副業収入35万円 (内訳 ブログ12万円・YouTube13万円)

必要経費17万円 (内訳 パソコン9万円・書籍5万円・セミナー3万円)

副業収入35万円 必要経費17万円=所得金額18万円

所得金額18万円 < 20万円 → 確定申告必要なし

副業の所得が20万円超の人

例① Bさんの今年の副業収入

副業収入35万円 (内訳 ブログ12万円・YouTube13万円)

必要経費8万円 (内訳 書籍5万円・セミナー3万円)

副業収入35万円 必要経費9万円=所得金額27万円

所得金額27万円 > 20万円 確定申告必要あり

AKIRA

収入金額が同じでも、必要経費が多く所得の金額が20万円以下なら確定申告の必要はないんだね!

コンパス

支出した必要経費については、証拠書類として保存する必要があるから、レシート、領収書等を保管しておくことが必要だよ!

ブログの収入で何が経費になるか見てみよう!

ブログの副業収入で経費になるものは、以下の通りです。

ただし、私用としても使っているものには注意が必要です。

レンタルサーバー代金、ドメイン料金、参考にした書籍代、インターネット料金、携帯料金、携帯端末購入代金、パソコン代

AKIRA

スマホ代、インターネット代みたいに、個人的に使っているものはどうすればいいの?

アイコン名を入力

副業で使った分だけ按分して経費として計上するよ!

例えば、1週間の内、1日だけ副業をしているのであれば、7日分の1日=14%を必要経費にするとか…..

税務調査が入った場合には、その計算の根拠を聞かれるので必ず文章で残しておこう!

フリマアプリやネットオークションでの収入は確定申告が必要なの?

AKIRA

フリマサイトやネットオークションで、使わなくなった服やゲーム機、本などを売って収入があったんだけど、これはどうすればいいの?

コンパス

生活で使用している物を売って収入を得ても税金はかからないよ!

そもそも非課税なので20万円を超えても確定申告はいらないんだ!

ただし例外もあるから注意してね!

最近は、フリマアプリやネットオークションで、使わなくなった衣類やおもちゃ、本などを売ることも少なくありません。これらは、「生活の用に供している資産」として扱われ、売って収入を得てもその所得は非課税になるため確定申告は必要ありません

ただし、商品を仕入れてフリマアプリで販売したり、ハンドメイド商品を作って販売するというような場合は、確定申告をする必要があります。

その理由は、商品を仕入れて売ったり、商品を作って売ると言う行為は、「生活の用に供している資産」を売却する行為にあたらないからです。

また、1つの価額が30万円を超える貴金属、骨董(こっとう)品などを売却した場合には、譲渡所得として課税される場合があります。

譲渡所得の場合は50万円の非課税枠がありますから、売上から取得費、送料、販売手数料、非課税枠の50万円を引いて20万円を超えなければ、確定申告をしなくても大丈夫です。

副業の収入は、何所得になるの?

AKIRA

そもそも副業の収入って何所得になるの?

コンパス

副業と言っても色々な種類があるから、一概に何所得とは言えないんだ!

所得には、①給与所得、②不動産所得、③事業所得、④配当所得、⑤退職所得、⑥利子所得、⑦譲渡所得、⑧山林所得、⑨雑所得の9個あるんだけど、どのような性質の所得かを見て判断することになるんだよ!

副業の収入と言っても、その内容により所得の種類は異なります

不動産の賃貸をしていても副業になりますし、株式投資やFXをしていても副業になります。

そのため、所得の性質を見て何所得になるのかを判断します。

また、ブログで収入を得ている人でも、事業として行っている人と、会社員の片手間にやっている方でも所得の種類は異なってきます。

所得の性質所得区分
不動産の賃貸収入を得ている不動産所得
会社員以外で他にアルバイトをしている給与所得
会社員をしながらブログ、youtubeで収入を得ている雑所得
本業でブログ、YouTubeで収入を得ている事業所得
株式投資で利益が出た申告分離課税
仮想通貨で利益が出た雑所得
ABOUT ME
コンパス
独立系ファイナンシャルプランナー。 (元会計事務所、生命保険会社に勤務) 40代で総資産5,000万円を突破。 本業とは別で年間1,800万円の収入を得ており、2013年に法人を設立。 副業で得た収入を、iDeCo、積立nisa,投資信託、米国株、暗号資産、ロボアドバイザー等で将来の「じぶん年金」を作っています。 読者様のマネーリテラシーをUPさせ、人生100年時代にお金に困らないアドバイスを日々発信しています。