仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)の始め方をプロが完全解説!じぶん年金を作る方法 Defi編

DeFiとは何?

DeFiとは「Decentralized Finance」の略で、日本語では「分散型金融」言います。

通常、金融機関(銀行、証券取引所、保険会社)には中央で金融資産を管理する人がいます

そのため、銀行でお金を預け、証券取引所で投資をし、生命保険会社で保険に加入する時には、金融機関である仲介者が存在します。

しかしDeFiの世界では、資産を管理する人が存在しません

ここで疑問なのが、「資産を管理する人がいなくて大丈夫だろうか?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、資産管理をする人は、DeFiを利用するすべてのユーザーです。

すべての取引記録は、ブロックチェーン上に記録され、取引記録が正しいかどうか精査し、承認するのはあくまでユーザーです。

ユーザー同士がお互いに管理し合うこのような仕組みから、分散型金融と呼ばれている

DeFiでの資産運用とは!

①イールドファーミングで稼ぐ!

DeFiで資産運用をするためには、イールドファーミングという仕組みを使用します。

「イールドファーミング」とは、レンディングや分散型取引所(DEX)といったDefiサービスに暗号資産を預けて、流動性を提供する見返りに金利や手数料収入がもらえる仕組みのことです。

例えば、貸手はイーサリアム等などの暗号資産を、暗号資産のDeFiサービスにプールしておきます。

そしてイーサリアムを借りたい人は賃貸料を支払って、仮想通貨を借り支払った賃貸料を貸手側が金利手数料として受け取ることができます。

今までの金融では、管理者が仲介していましたが、DeFiを使うことにより管理者なしで金利を受け取ることが可能になります。

そのため、仲介者への余分な手数料を支払わなくても良いため、高金利を得る事が可能になりました

②DeFiで資産運用するための流れ

流れは以下の通りになります。(ここではパンケーキスワップを例にして説明します)

日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入

②購入した仮想通貨を海外取引所に送金

海外取引所でBNB等に変換

④メタマスクでウォレットを作成

海外取引所からウォレットに送金

ウォレットとDEX(パンケーキスワップ)を連携

※連携と言ってもボタンを押すだけです。

⑦DEX(パンケーキスワップ)でBNBをCAKEへ(SWAP)変換する

CAKEをプール(預ける)

金利収入を得る

DeFiの流れ

※一見すると複雑に見えますが、一度やってしまえば簡単です。

DeFiのメリットとは?

①低コストなシステムである

既存の金融機関の場合、経営をして行くためには、人件費、広告宣伝費、地代家賃、管理費とさまざまな経費が発生します。

この経費をどこでまかなっているかというと、手数料や保険料、貸付金利となります。

例えば、海外送金では、高額な送金手数料を仲介者に支払わなければなりません。

また、生命保険料や住宅ローンの金利にも当然、仲介者への手数料が上乗せされています。

しかし、DeFiは仲介者を通さず直接相手とやりとりができるため低コストでさまざまなサービスを受けることが出来ます。

また、時間的なメリットもあります。

生命保険に加入したり、住宅ローンを借りたりすると、審査や手続きのため、1ヵ月程度のタイムラグが発生するのが当たり前です。

また振り込みを行う際は銀行を介する必要があり、入出金までに時間のタイムラグが生じます

しかし、DeFiではブロックチェーンを介して当事者と相対的な取引ができるため、時間を大幅に削減できます。

②世界中のどこでも取引ができる

今までは、金融機関の選択によりラインナップされたごく一部の海外投資商品は購入することしかできませんでした。

しかし、より利回りの高い海外の金融商品に投資するには、海外の金融機関で口座を開設し、日本円を外貨に交換し、海外の金融商品を購入する必要がありました。

DeFiの登場によりスマートフォン1つあれば、誰でもウォレット(財布)を開設し、世界中どこにいても世界中の金融商品に投資する事ができます

このDeFiが浸透すれば、世界中の金融取引が大きく変わることが期待できます。

また私たち日本人は、普通に銀行口座を持っていますが、世界には、銀行口座を持てない成人の数は17億人いると言われています。

しかしDeFiでは、金融機関の仲介がないため口座開設の特別な審査がありません。

そのため、住んでいる地域により銀行口座を持てなかった人でも、DeFiを利用することで、金融取引を行うことが可能になりました。

Defiのデメリットとは?

①すべて自己責任の世界

中央集権型の金融では、システム障害などが原因でトラブルが発生した際は、運営者側が責任を負い損失を補償するのが一般的な考え方です。

しかし、運営者がいない分散型金融システムであるDeFiには補償制度がありません

サービスの利用中に問題が発生した場合は、すべてユーザー自身が責任を負わなくてはなりません

仮想通貨(暗号資産)の始め方をプロが完全解説!じぶん年金を作る方法Metamask(メタマスク)編Metamask(メタマスク)ってなに?DEX(分散型取引所の種類) メタマスクの使い方 ①Metamask(メタマスク)をパソコンにインストールする手順 ②Metamask(メタマスク)にBSCを追加する手順 ③BSC(バイナンススマートチェーン)以外のネットワークの種類と設定数値...
ABOUT ME
コンパス
独立系ファイナンシャルプランナー。 (元会計事務所、生命保険会社に勤務) 40代で総資産5,000万円を突破。 本業とは別で年間1,800万円の収入を得ており、2013年に法人を設立。 副業で得た収入を、iDeCo、積立nisa,投資信託、米国株、暗号資産、ロボアドバイザー等で将来の「じぶん年金」を作っています。 読者様のマネーリテラシーをUPさせ、人生100年時代にお金に困らないアドバイスを日々発信しています。