米国株

米国株の始め方をプロが完全解説!じぶん年金を作る方法 米国株編

米国株と日本株はどっちがいいの?

AKIRA

最近、個人投資家の間で米国株式ブームが来ているという話を聞くけど、米国ってどうなの?

コンパス

これまでは日本株を取引することが一般的と思われていたけど、最近ではネット証券を利用して米国株に投資する人が増えてるよ!

一番の違いは米国株の成長性が、日本株とは全然ん違うんだ!

この30年間でNYダウが、約12倍になってるんだ!

※NYダウ=(米国の株式市場の全体的な値動きを示す株価指数)のこと

AKIRA

米国株は、30年前と比べて12倍になってるってるの?凄すぎる!

ところで、日本株はどうなの?

コンパス

日本株は、日経平均が今年に入って何度か3万円台を回復したけど、これは実に31年ぶりのこと。

つまり、やっと30年前の水準に戻った状況なんだ!

日経平均=(日本を代表する企業225社の平均株価)のこと

(出典:マネックス証券)

AKIRA

米国株を買っていれば12倍になったのに、日本株だと全く値上がりしてないんだ!

だったら、米国株の方がいいよね!

でも、アメリカの会社ってよく分からないから怖いな!

コンパス

買う株にもよるけど、米国株の方が値上がりする確率は高いよね!

AKIRAくんはアメリカの株ってよく分からないっていうけど、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft、は知ってるよね!

あれは全部、米国株だよ!日本でも知らない人はほとんどいないよね!

米国株にはこんなメリットがあるよ!

①米国株の相場が長期にわたって上がり続けている

 米国の株式市場(NYダウ)は長期にわたって高い上昇を示しており、そのパフォーマンスはなんと30年間で約13倍です

100万円だった資産が1300万円にもなります。

 過去を振り返ると世界経済は、1929年のウォール街大暴落から始まり、ブラックマンデー、リーマンショック、最近では新型コロナクラッシュ等の数々の株価暴落を経験していますが、その全てを乗り越えて高値を更新し続けています

②少額投資が出来る

 日本株では、100株単位や1000株単位で取引する必要があるため多額の資金が必要となります。

米国株投資は、全ての株式が1株単位で株を購入することが出来ます。

 そのため、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftなどの株に数万円で投資をすることが出来ます。

③米国株は、配当金が多いものが多い!かつ連続して増配している

米国の投資家は配当金を重視することが多いといわれます。

企業があげた収益は株主により多く還元することが望ましい」と米国の投資家の多くは望んでいます。

 このように、米国の投資家の意向を踏まえ、米国株の中には、20年、30年、中には60年以上の長期にわたって配当金の増額を続けている企業がいくつかあリます。有名なものとしてコカ・コーラやマクドナルド、P&Gなどが該当します。

このような企業の株式を持ち続けていれば、毎年安定した配当収益を得られます

ちなみに、日本では花王が、31年連続増配しておりこれがトップです

米国株の中には、30年以上連続して増配している企業は、たくさんあります。

米国株にもデメリットがあるよ!

①株主優待制度がない

日本株では株主に対して株主優待で還元を行う会社がありますが、米国株には株主優待制度ありません。

しかし米国企業は配当金により株主への還元を行っています

そもそも日本の株主優待制度は、世界的に見ても珍しい制度です。資産を増やすためには、株主優待制度よりも配当金でもらう方がメリットがあります

②為替リスクがある

米国株を取引するときには、米ドルで米国株を買うことになります。

米国株の場合には、日本円を米国ドルに交換し米国株を購入することになりますが、為替の値動きによって投資額が変動する「為替リスク」が発生します。

この場合、利益が出た後は外貨決済で米ドルを保有し、円安になった時点で、ドルを円に交換することをおすすめします。

ただし、円高になれば損が生じることになりますが、円安になれば利益が生じます

円安傾向は、これからも続くと考えられるので、米国株には追い風になります。

③配当金や売却益に利益がかかる

日本株でも米国株でも、配当金や売却益には20.315%の税金がかかります。

しかし米国株の配当金については、米国で10%の税金がかかった後に、日本国内で20.315%の税金が二重でかかります

 この二重課税への対応としては確定申告をすることにより、外国税額控除が使えるので米国で課税された10%分の税金が還付されることになります。

米国株のおすすめ銘柄は?(ETFって何?)

AKIRA

米国株の初心者にはどの銘柄を購入するのがいいの?

コンパス

日本の証券会社で取扱いのある米国株の取り扱い銘柄は、証券会社によっても違うけど、約500〜3000銘柄あるから、どの株を購入しよか迷ってしまうよね?

人気の個別銘柄も紹介するね!

あと、ETF(上場投資信託)っていうのもあるんだ!

これは、簡単に言うと複数の銘柄を一つにまとめたパッケージで売ってくれる商品なんだよ!

例えば、VTIという商品があるんだけど、これは米国株の約4000銘柄に分散してくれるETFなんだ!

人気の米国株とETFをランキング形式で上げてみるね!

【大人気!米国株式・米国ETF】ランキング

米国株式米国ETF
①アップル(AAPL)①SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)
②AT&T(T)②バンガード S&P 500 ETF(VOO)
③コカ-コーラ(KO)③バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
④マイクロソフト(MSFT)④バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
⑤ズーム ビデオ コミュニケーションズ(ZM)⑤インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET(QQQ)
AKIRA

人気の個別銘柄は、日本でも良く名前を聞く銘柄だね!

米国ETFは、見てもあまりよく分からないけど、1位のS&P500って何?

コンパス

S&P500っていうのはね、上場している米国企業の中から代表的な500社を選出し、その銘柄の株価を基に構成される指数のことを言うんだよ!

S&P500の構成上位10銘柄は、こんな感じだよ!

S&P500の構成上位10銘柄

銘柄業種
アップル情報技術
マイクロソフト情報技術
アマゾン・ドットコム一般消費財
フェイスブックコミュニケーション・サービス
アルファベット クラスAコミュニケーション・サービス
アルファベット クラスCコミュニケーション・サービス
バークシャー・ハサウェイ金融
JPモルガン金融
テスラ一般消費財
ジョンソン・エンド・ジョンソンヘルスケア
コンパス

S&P500のパフォーマンスも、ずっと右肩上がりなんだ!

(出典 マネックス証券)

ABOUT ME
コンパス
独立系ファイナンシャルプランナー。 (元会計事務所、生命保険会社に勤務) 40代で総資産5,000万円を突破。 本業とは別で年間1,800万円の収入を得ており、2013年に法人を設立。 副業で得た収入を、iDeCo、積立nisa,投資信託、米国株、暗号資産、ロボアドバイザー等で将来の「じぶん年金」を作っています。 読者様のマネーリテラシーをUPさせ、人生100年時代にお金に困らないアドバイスを日々発信しています。